Artist Photo

ASANO TADANOBU アサノ・タダノブ [日]

Member
-
Profile
1973年11月27日生まれ、神奈川県出身。 1990年『バタアシ金魚』でスクリーンデビューを果たして以後、国内外の映画に出演。 2003年『地球で最後のふたり』で第60回ベネチア国際映画祭コントロコレンテ部門主演 男優賞を受賞。2011年『マイティ・ソー』でハリウッドデビュー。2014年には『私の 男』で第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。カンヌ国際映画祭においては 2015年『岸辺の旅』で「ある視点」部門監督賞、2016年『淵に立つ』で「ある視点」部 門審査員賞と、主演作が2年連続受賞。自身も第10回アジア・フィルム・アワード最優秀 助演男優賞、さらには第11回アジア・フィルム・アワード最優秀主演男優賞と”アジアのア カデミー賞”とも言われる同賞で史上初の2年連続主要部門受賞の快挙を果たした。2017年 は『沈黙-サイレンス-』、『幼な子われらに生まれ』などの映画のほかにテレビドラマに も積極的に出演。TBS日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』、フジテレビ系ドラマ『刑事ゆが み』で話題を呼び、「第10回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で主演男優賞を受賞し た。2018年はNetflixにてジャレッド・レトと共演した『アウトサイダー』を配信中のほ か、6月に『パンク侍、斬られて候』、9月に『累』の公開が控えている。