Artist Photo

伊藤多喜雄(ITO TAKiO) イトウタキオ [日]

Member
伊藤多喜雄(唄) 
小山  豊(津軽三味線)
江草 啓太(ピアノ)
高橋 香織(ヴァイオリン)
竹田 弘樹(ベース)
木村 創生(ドラム)
めぐ留  (コーラス)
GUEST:仙波 清彦(ドラム&パーカッション)
Profile
今や世界中で踊られている、「3年B組金八先生」で知られた南中ソーラン「TAKiOのソーラン節」の生みの親。NHK紅白歌合戦出場
(1989、2003年)祖先が残してくれた日本人の血の中にある故郷の歌“民謡”を「民謡界」の枠にとらわれず音楽の原点である自由でフリーな捉え方で歌い、表現し作り伝えるTAKiOワールドで、日本の言葉を含めた民族音楽としての民謡を、日常耳にする洋楽器と共にアレンジし、TAKiO BANDが演奏する中でTAKiO流の自由な唄い回しで唄い上げる。さらに一見民謡とは接点が有るとは思えない様々なジャンルのミュージシャンとも共演し、積極的にライブ活動を展開、民謡の復活へ向けて独自に活動の場を切り開いてきた。傍ら「唄さがしの旅」を重ね、生活に基づく唄を訪ね歩く。唄を通して、地域の活性化を図るため楽曲の作詞作曲、日本各地の町おこしにも関わり、学校公演はもとより教科書の教則本で歌唱指導も行っている。
Audio / Video
Links

グッズ・CD